消費者金融には時効は何年?

消費者金融からカードローンを利用してお金を借りた場合に、それを返済せずにいた場合、何年経過すれば時効にかかるかですが、一般には5年ということになっています。消費者金融にかぎらず、銀行などでもそうですが、商法上の債権にあたるものについての期間は、法律上は同様に5年で統一されています。
実際に時効にあたることを主張するためには、法律にもとづく援用をしなければなりません。これは、裁判でも内容証明郵便による通知でもかまいませんが、ともかく債権者である相手に対して、すでに法律に定める期間が経過したため、本人にはもはや支払いの義務がなくなったということを、明確に伝えなければならないということです。
また、それ以上に注意しなければならないのは、時効に至るまでの期間のカウントは、途中で中断される場合があり得るということです。たとえば、債権者である相手が返済を請求してた場合や、借金をした本人が債務の存在を認めて一部でも返済してしまった場合、相手に裁判で訴えられてしまった場合などが該当します。このような中断の理由があった場合には、すでにカウントされてきた期間はいったんリセットされてしまい、新しくカウントをしなおすようになりますので、それだけ余計な期間がかかってしまいます。通常、消費者金融がこうした知識をもたないということはあり得ませんので、期間がもうすぐ経過すると安心せず、突然に請求がある可能性も考えておいたほうがよいでしょう。